読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ?

もうだめぽ

SoftAXで遊んでみる

仕事でA10 NetworksのAXシリーズを使う機会があったので仮想アプライアンス版のSoftAXで遊んでみます。
トライアル版では30日の使用制限と5Mbpsの帯域制限がありますが、軽く遊ぶ程度なら十分だと思われます。
SoftAX Virtual ADC: Software-based Application Delivery Controller

下記のページで必要な事項を入れてすこし待つとダウンロード用とライセンス発行用のアドレスが記載されたメールが届くのでアクセスしてください。

SoftAX Trial License

仮想アプライアンスVMware ESX/ESXi 4.0以降用となっているのでうまいことインストールします。
イメージを変換すればVMware Workstationなんかでも動くみたいです。

初期設定

インストール直後は下記の通り設定されていますが、環境に合わせて変更する必要があります。

IPアドレス 172.31.31.31 /24
ユーザ名 admin
パスワード a10
enableパスワード (ブランク)

初期設定に必要なコマンド類はSoftAX Installation Guide(ライセンスのメールに記載されています)を読めばわかるようになっているので、うまいことやってください。

コマンド体系はほとんどCiscoのIOSと同じで、CiscoのL3スイッチやルータを触ったことがある人は取っ付きやすいと思います。

AX system is ready now.

[type ? for help]

SoftAX>enable
Password:
SoftAX#configure terminal 
SoftAX(config)#interface management 
SoftAX(config-if:management)#ip address 192.168.100.50 /24
SoftAX(config-if:management)#ip default-gateway 192.168.100.1
SoftAX(config-if:management)#end
SoftAX#write memory 
Building configuration...
Write configuration to default startup-config
SoftAX#
SoftAX#show running-config interfaces management 
interface management
 ip address 192.168.100.50 255.255.255.0
 ip default-gateway 192.168.100.1
!

あとはライセンスのインポートをして終了です。
続きは気が向いたら書きます('A`)