ブログ?

もうだめぽ

Cisco 800M ISRを買った

f:id:unyu1979:20160423154932j:plain

C841M-4X-JSEC/K9を買いました。 アマゾンで2万円くらい、定価でも4万円しないのでとても安いです。

一般的なブロードバンドルータと比較するとさすがに高いですが、Cisco製品が新品でという意味なら安いと思います。

設定について

初期設定では、LAN側のポートにケーブルを挿すだけで、10.10.10.0/24のアドレスが割り振られ、管理画面にアクセスできるようになっています。

f:id:unyu1979:20160424135614p:plain

最初にアクセスすると、クイックセットアップウィザードが表示され、 ログイン直後にユーザ名、パスワードを変更するようになっています。

f:id:unyu1979:20160424135929p:plain

PPPoEやらファイヤウォールの設定はクイックセットアップウィザードで出来るので、あまり凝った設定をしないのであれば、買ってすぐに使えると思われます。

困ったこと

  • GUIからtrunkポートの設定ができない CLIで変更したらtrunkも候補に出てきますが、最初から選ぶことができません。

  • ゾーンを追加しても、選択できない

下の画像には表示されていませんが、Vlan200についてはWLANというゾーンに入っています。

f:id:unyu1979:20160424141006p:plain

ファイヤウォールのポリシー設定についても、追加したゾーンは表示されません。

CLIで設定した場合は表示されるし設定も出来ますが、新規追加時は標準のゾーン以外選択できません。

基本的に、用意されたパターン以外の設定についてはCLIを使うしかないようです。

気が向いたら、実際にやってみたことなんかを書いて行こうと思います。

PowerShellでPING試験をする

最近ツールを導入できない環境での試験が多いのでメモ書き程度に。

実行すると、カレントディレクトリの server.list に書かれたホストへPINGを打って、hoge.csvへ記録していきます。

実行結果はこんな感じになります。

Time                Address       ReplySize ResponseTime ResponseTimeToLive StatusCode
----                -------       --------- ------------ ------------------ ----------
2016/02/11 18:51:58 192.168.100.1        32            0                 64          0
2016/02/11 18:51:58 8.8.8.8              32            6                 51          0
2016/02/11 18:51:58 192.168.200.2                                                11003



Time                Address       ReplySize ResponseTime ResponseTimeToLive StatusCode
----                -------       --------- ------------ ------------------ ----------
2016/02/11 18:52:01 192.168.100.1        32            0                 64          0
2016/02/11 18:52:01 8.8.8.8              32            6                 51          0
2016/02/11 18:52:01 192.168.200.2                                                11003

正常に疎通をしない場合はStatusCodeが0以外を返すはずなので、こんな感じで検索できます。

> Import-Csv hoge.csv | Where-Object { $_.StatusCode -ne 0 } | Format-Table -AutoSize

Time                Address       ReplySize ResponseTime ResponseTimeToLive StatusCode
----                -------       --------- ------------ ------------------ ----------
2016/02/11 18:51:46 192.168.200.2                                           11003
2016/02/11 18:51:49 192.168.200.2                                           11003
2016/02/11 18:51:52 192.168.200.2                                           11003
2016/02/11 18:51:55 192.168.200.2                                           11003
2016/02/11 18:51:58 192.168.200.2                                           11003
2016/02/11 18:52:01 192.168.200.2                                           11003